fc2ブログ

とある魔術の禁書目録 二次創作 1

序章 誘拐


 自身の心臓の鼓動以外何も聞こえない静寂の中、物語の主人公、上条当麻は目を覚ました。
 つい先ほどまで何の感触も無かったような気がしたが脳が覚醒するごとに自分の身体が柔らかい布団の中にあり、頭はあまり柔らかいとは言い難い枕の上にあることも感じ取ることが出来た。
 それにしても、

 (どこだここ?)

 自分が布団の中にいることは分かる。しかしここがどこなのかさっぱり見当がつかない。
 窓も無い無機質な白い壁。部屋の前後にはまさしく「ただの」ドア、飾りっ気も無い白い布団。面白みの無い白い枕。部屋の隅にはこれまたシンプルな鉄製の本棚があり、中には分厚い本が詰まっていた。題名はアルファベットで書かれており、何の本なのか、語学に堪能ではない上条には見当もつかなかった。ただ、なんとなく英語ではないことだけは辛うじて分かる。
 明らかに今まで過ごしていた安っぽい寮にある安っぽい部屋ではない。そして安っぽくとも自分なりに趣向を凝らした面白みがあった。
 しかしこの部屋はどうだろう。これでもかと言わんばかりにつまらない部屋だ。部屋を作った人間はよほど無駄という言葉が嫌いらしい。
 ベッドからのろのろと起き上がり思案したが上条が歩んだ今までの人生(とはいっても記憶は数カ月程度しかないのだが)の中でこんな部屋は見たことが無い。

 (病室?でもあのカエル顔の医者の病院だったらもっと相応しい部屋があるのにな…)

 もっと相応しい部屋というのは記憶を無くしたり腕を切り落とされたりとことあるごとにお世話になっていた病室だ。何故だか分からないがまたお世話になりそうな気がする。
 別の病院の一室か、とも考えたが、理由が分からない。自分が入院することになるなら誰もが決まってあの病院を思い描くだろう。

 (いや、待て。その前に俺は今まで何をしてたんだ?)

 朝、いつも通り風呂場の浴槽で一日の始まりを迎え、いつも通り学校へ行き、いつも通り土御門や青髪ピアスと馬鹿騒ぎし、いつも通りクラスの理性である吹寄制理の頭突きを喰らった。
 昼、いつも通り学食のパン争奪戦に果敢に挑み、結局いつも通り欲しくもないパンを獲得し、いつも通り胃袋を十分に満たすことなく昼休みを終えた。
 午後、いつも通り残りの授業を理解することなく終え、いつも通り担任の小萌先生から補習を与えられ、いつも通りそれを終えていつも通りの多難な帰途についた。
 それから・・・

 (!! そうだ、帰ってる途中に誰かに腕を掴まれて路地裏に引き込まれた…!)

 最初はスキルアウトかと思い顔面パンチでもかまそうかと思ったがそれも叶わず、おそらく催眠ガスのようなもので眠らされた。
 そして気がつけばこんな面白みの無い部屋で寝ている。
 結局自分がどこにいるのか分からないが、少なくともスキルアウトとはまた違った「何か」に誘拐されたことは分かる。
 そしてこれだけは随分前から分かっていたことだが、
 
 「不幸だ・・・」

目次へ
とある魔術の禁書目録 SS2へ
________________________________

はい本日分のSSはこれでお終い。
なるべく原作の雰囲気や設定を壊すことなく書いていくつもりです。
しかしオリキャラ出ます。嫌いならもちろん読まなくて良いんですけど出来る限り原作とは差し支えない程度の設定にしております。
ちなみに私は
・変なしゃべり方嫌い
・変なファッションセンス嫌い
・変な一人称嫌い
・変な個性的すぎる性格嫌い
等など、登場するオリキャラはオリジナリティーナッシングで作りました。
レベル5第6位とか心理掌握とか名前出てるけど具体的なキャラが描かれていないキャラも使うつもりは御座いません。私好みではないので。

さて、これからどんな物語が始まるのか、乞うご期待!
でも考えてるのは設定だけであっと驚く展開とかは全然考えてないんですよね。
グダグダで始まりグダグダで続きグダグダで終わると思いますけどまぁ処女作なんでゆるしてちょ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

ギッチャン

Author:ギッチャン
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
463位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
93位
アクセスランキングを見る>>
twitter
FC2拍手
web拍手 by FC2
検索フォーム
Amazonウィジェット
リンク