fc2ブログ

とある魔術の禁書目録 二次創作 32

 第八階層から爆弾の設置をしながら上を目指し、これで三つめのフロアに入った。第五階層、やっと半分を超えたところだ。ガラスではなく白い壁に仕切られ、部屋の中は見えなくなっている。

 「第五階層は開発及び総合警備室のフロアです、とミサカは説明します。開発室では薬剤の投与や電極の使用、催眠による覚醒の誘発など、学園都市と同じ能力開発が行われています、とミサカは懇切丁寧に説明します」

 「学園都市から盗み出した情報の集大成ってとこか」

 やっと半分を超えたこととは関係なく、なんとなく心が落ち着いてきた気がする。学園都市と同じことが行われているフロア。『絶対能力進化計画』というおぞましいものも目の当たりにしたことはあるが、自分が受けていたものと同じ能力開発が行われている場所にいることを知ると、地上へと着実に近付いていることが実感できたからだ。
 何より、ここから下のフロアから出られたことが、まるで胸が浮いたかのような気分にさせた。あの場所を二度と目にしたくはないと、そう上条に思わせた。自分が知っていた現実からはるかに乖離した現実が広がっているのをその場の空気から感じてしまうのだ。
 目の前の扉をすぐさま開けてみたい衝動に駆られる。きっと自分が学園都市で何度も見たことのある機器が鎮座しているだろう。

 「気分が優れませんか?とミサカは顔をのぞき込みます」

 考えていたことが顔に出てしまったのだろう。ミサカは逆に捉えてしまったようだが、上条は先へと歩きながら正直に答えることにした。

 「いや、むしろやっと気分が優れてきたとこですよ上条さんは。下のフロアにはあんまり長居したくなかったからな」

 「訓練用フロアですか?とミサカは確認します」

 第六階層は訓練用のフロアで、スポーツジムにあるような機具の他に広い範囲をレスリングで使うようなマットが占めていた。壁には所狭しとナイフや訓練用のあらゆる武器が並んでいた。アーネンエルベの子供たちはあの場所で効率的な人間の殺し方を学んでいたということだ。

 「それもだけど、その更に下のだな。なんだか気が滅入っちまったよ」

 二人はそんなことを話しながら、この階層の中心部分に辿り着いた。エレベーターや階段はむき出しではなく、重い扉の向こうにある。

 「扉を開きます。少し下がっていて下さい、とミサカは命じます」

 上条がミサカの背後に控えると、ミサカは扉の取っ手に手を掛け僅かに開いた。アサルトライフルは破壊されてしまったので今は素手と電撃だけが武器だ。
 ゴーグルごしに目を光らせ、扉の隙間からミサカは中を窺った。

 「誰もいないようです。中に入りましょう、とミサカは促します」

 暗く広い空間の中心にはおなじみのエレベーターと階段があり、壁には数えきれない程のモニターが鈍い光を放っていた。

 「総合警備室です、とミサカは説明します」

 研究所全体をここから監視しているのだろう。
 ミサカは隅に空になったバッグを置き、上条に向き直った。

 「先程も説明しましたが、」

 「あぁ、ここで別れるんだよな?」

 「はい、ミサカはこの研究所が完全に制圧されるまで待機していなければなりません、とミサカは二度目の説明をします」

 上条が護衛を伴って移動できるのはこの第五階層までだ。予定ではすでに学園都市からの部隊が控えているはずだったのだが。
 ミサカは素早く数々のモニターに目を走らせてから口を開いた。

 「上層に敵の姿は見られません。おそらく安全かとは思いますが、とミサカは懸念します」

 「そういえば今までどの階層でも研究員も警備員も見なかったよな?いたのはあの超能力者だけだ。他の連中はどうしたんだ?」

 「三、ないし二つ置きにいくつかの階層には脱出経路が設けられていることが分かっています。研究所を捨てて逃げたのでしょう、とミサカは推測します」

 「逃げた?随分薄情な職員だな…」

 「いえ、元から緊急時のマニュアルとして逃亡を優先、と決められていました。警備員も先程の超能力者も、防衛よりも時間稼ぎの面が強いのでしょう、とミサカは懇切丁寧に解説します」

 人に見せられない研究を行うような、存在自体が秘匿されている研究所だ。籠城するよりもさっさと逃げて再びどこかで立ち上げた方が効率的と考えたのか。

 「ところで、お一人でも大丈夫ですか?とミサカは一応確認してみます」

 「敵がいないなら多分大丈夫じゃないか?銃で襲われたらどうしようもないだろうけど」

 「なぜわざわざ死亡フラグをぶち上げたんでしょうか?とミサカの不安が留まることを知りません」

 「うっ、そう言われるとなんか大丈夫じゃなさそうな気が…いや、どっちにしろミサカはここで待機してなきゃならないんだろ?一人で上を目指すよ」

 本音を言えば不安でたまらない。いかにモニターに映ってはいないとは言え、ここが敵陣であることには変わりない。しかしミサカにはミサカの役目がある。今まで護衛をしてもらったのだからこれ以上甘えるのも癪だ。男として。

 「そうですか。ではお気を付けて、なるべく早く地上に出て下さい、とミサカは見送ります」

 「あぁ。ミサカも気を付けろよ」

 そう言うと上条は先程入ってきた扉とはエレベーターを挟んで向かいにある扉から警備室を速足で後にした。

 「本当に、無事に上に辿り着ければ良いのですが、とミサカは憂います」

 直後、上条達が入ってきた方の扉が再び開いた。

 「…クローンか」

目次へ
とある魔術の禁書目録SS31へ
SS33へ
________________________________
随分と遅くなってしまいましたが久しぶりのSS更新です。
お待たせということで若干長めに書きました。
話が進んだわけではないけれど。
ついでにぶっちゃけると書き溜めの方もあんまり進んだとも言い難いのですが。
まぁ休み休み進めようと思っております。
ここで上条さんとミサカ10840号は二手に分かれます。
さぁこの先待ちうける試練は?
スポンサーサイト



ネギま!326時間目

どうもどうもこんにちは。
今週もまた激動の話でしたねぇ。
色々と新キャラが出てきたりね。
ではではいってみよ~ネギま!326時間目。
テルティウム君が覚醒したのは大戦から8年後。
そこにはお師匠に乗り移った造物主とデュナミスさん、そしてアーウェルンクスシリーズ二番目セクンドゥム、更に火のアートゥル二代目弐、水のアダドー十七代目セプテンデキムがいた。
セクンドゥムの属性は風らしい。
彼らは世界各地を飛び回り、戦乱が続く地域の住民を消しているとか。
奇妙な話ですねぇ?
世界各地の情勢が乱れた地に訪れる。
最近のテルティウム君もやってたな。
しかし住民は消さず数多くの子供を学校へ送ったり、数人は従者にしたり。
過去と現在、戦地を訪問する理由がどうも変わったようだ。
テルティウム君は一体何の為だろうか。
本人は「趣味」と言っていたけれど?

セクンドゥムは自身の実力に自信満々。
努力のたまものでも何でもないけど自信満々。
多分ゲームで裏技やって最強状態のまま一番最初の敵と戦ってるみたいな気分なんだろうな。
相手がナギさんでも負ける気がしないと豪語。
が、その直後のシーンで脆くもナギさんに吹っ飛ばされる。
こいつ、ギャグ要員やったんかい…

テルティウム君にナギさんを捕縛してもらい、弐に炎で攻撃してもらい、セプテンデキムに凍らせてもらい、セクンドゥムがやったこと、
高笑い。
これだけ圧される程度でどうやってナギさんと相討ったんだろうか。
相討ちの原因は単純な戦闘ではないらしい。

攻撃を受けるナギさんを助けたのはアリカさん。
腰に身に付けた本はどうやらアルさんの本体のようですね。
本に人の魂がとり憑いたのか、本から魂が生れたのか。

セクンドゥム達は結局敗走したようで墓守人の宮殿に移動。
あんまり悔しいもんだからと造物主に設定の強化をしてもらうとか。
造物主さん、何かドラえもんみたいな扱いされてますよ。
任務遂行に対しやたら冷めてるテルティウム君に失敗作なんじゃないか、と疑われ、造物主の元へ調整をしてもらいに行こうと考えたが、飛行中に核がどうやら不具合を起こして墜落。
目が覚めるとベッドの中、迎えたのはルーナさんとその母親。
この出会いが一体何を生んだのでしょうか?

使徒達がイスタンブールにいた場面がありましたねぇ。
かつてはナギさん達も訪れ、そして最後にナギさんが目撃され、行方不明となった場所ですが、どうもその場所がイスタンブールであることは偶然ではなさそう。
使徒達が訪れ、ナギさん達が訪れることになった何らかの大きな理由があるようですね。

セクンドゥムはナギさんの実力などについては何も知らなかったっぽい。
テルティウム君は人格は別として、プリームムの記憶を受け継いでいるように見えましたが。
やはりテルティウム君はプリームムと肉体は同じで人格を交換されているのでしょうかね?
しかしセクンドゥムは別に新たな肉体として誕生したのか。
彼らは同じ元型から生み出されたらしい。
ではその元型、というのは何なんだろうか?
現在6体まで生み出されているアーウェルンクスシリーズの型となった存在。
かつて人間として生きていた者を造物主がモデルにしたとか?

他に新キャラは17と弐。
どうやらアートゥルとアダドーというアーウェルンクスとは別種のシリーズっぽい。
セクンドゥムとテルティウム君はそれぞれ地と風を司っている。
シリーズごとに属性が決まってるわけでもないのか。
アーウェルンクスシリーズは外見はとても似通っているけれど17と弐は髪は長いけど大戦で登場していた長髪シリーズとはまるで違いますね。
アーウェルンクスには女性もいるからそこは大した問題ではないけれど、先代の同じ属性の個体とは髪の色も違うし服装も全く別のもの。
17に至っては頭に巨大な角だか耳だかが生えている。
今まで皆普通の人間の姿をしていたのに、これは今までにない特徴ですねぇ。
長髪シリーズは大戦が終わったと同時に製造終了になったのだろうか?
しかし十七代目というのは何なんでしょうね。
アダドーシリーズは今までに16体もいて全て倒されてしまったのだろうか。
造物主の使徒には思った以上に密な歴史設定がありそうですねぇ?

パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉

どうもどうもこんばんは。
先日名古屋に行ったときに映画見て参りました。
ズバリ、パイレーツ・オブ・カリビアンの新作、四作目。
生命の泉。
面白いよねこのシリーズ。
ジャックたまんねぇよね。

今回の作品にはおなじみのオーランド・ブルーム演じるウィル・ターナー、キーラ・ナイトレイ演じるエリザベスは登場しません。
しかし今更だけどフライングダッチマン号の船長と海賊王の夫婦とかまじヤベェよな。

さらに残念なことに、基本的にバルボッサの部下、時々ジャックの部下であるクルー達も登場しませんでしたね。
具体的にはオウム&コットン君、ピンテルとラゲッティ、三作目で何故か海賊入りした英国海軍の二人組、ちっちゃいおっさん。
まぁ今回のストーリーの設定が設定だからですかねぇ。

ジャックは相変わらず船長なのに船が無い一匹狼。
バルボッサは何故か海軍入り。
ヒロインはジャックのかつての恋人、女海賊のアンジェリカ。
悪役は悪魔の実を食べてない実在した方の黒髭。

新たな登場人物と共に紡がれる海洋冒険ロマン、詳しいストーリーはめんどくさいので公式サイトにでも行って下さい。

さて、感想を言わせてもらうなら、ハッキリと言わせてもらうなら、面白かったのは間違いない。
これは事実だ。
偽りない。
ジャックも毎度の調子で笑えてくるしバルボッサも前作に増して茶目っけが感じられるし、この二人の実は仲良さげなシーンは見どころだ。
しかし先の作品と比べると、「そこまで・・・」という感じ。
アクションも前作よりも力が入ってる部分もあるように見えたけれど、正直前半でやや疲れきってしまったのかな?という印象を受けた。
序盤のアクションが迫力あり過ぎて終盤がなんだか物足りなく見えてしまったんですよね。
あと黒髭の船、アン女王の復讐号は海に潜れちゃうフライングダッチマン号と比べても、強過ぎるくらいの設定があるんですが、それがあまり活かせていない。
船が活躍してるシーンがあんまり無いんですよねぇ。
最後の決着のつき方もどこか煮え切らないような気もしましたね。
まぁそこは人それぞれでしょうけど。

と、ここまで色々書いちゃいましたけど、面白かったのは間違いないですからね。
三作目と比べれば物語のスケールが小さくなったのも仕方ないことですし。
弁解になるかは分かりませんが、前半はシリーズ中最高に面白かったと思いますね。
これは保証しますよ。
面白くなかったら何かするってわけじゃないけど。

ネギま!325時間目

どうもどうもこんにちは。
今日は暑いですねぇ。
所によっては30度を越えていたとか。
夏来るのはえーよ。
もうちょい遅刻していいよホント。

ではでは暑さこらえていってみよ~ネギま!325時間目。
意地を張って話を聞こうとしないテルティウム君に対しネギ君は「話を聞いて欲しい」と食い下がる。
そうだよ。
何事も諦めないことだ。

しかしやっぱり聞こうとしない。
挙句ネギ君にも小言を言われてカチンとくる。
おう、10歳のペースだな。

そこでテルティウム君、まんまとネギ君の握手を誘いそのままガッチリ。
何が何でもケリはつけたかったテルティウム君。
実は細かい性格してんだろうな。

クライマックスは大呪文の撃ち合い。
高殿の王VS奈落の王
さながらゼウスVSプルートってか。

衝突の瞬間テルティウム君の過去の記憶が視界を過る。
走馬灯でしょうか。
でもネギ君も見てる感じ?
その場所は同じ墓守人の宮殿ですが時期は大戦期、最後の戦い。
そこにいたのは造物主その人。
女性っぽい顔ですねぇ。
こう男っぽい骨ばった感じがない。
ナギさんに興味があるようで。
これといって名家出身でもなく7代遡っても何もなし。
でもネギ君のおじいちゃんって魔法学校の校長だったよな。
それでも名家とは違うのか。
しかしナギさんのようなバカで一本な人間は2600年の人生経験からして気に入っているタイプらしい。

そして闘いが終わった後は変わってテルティウム君の目覚めのとき。
そこにいたのはナギさんのお師匠ゼクト。
造物主が憑依しているっぽい。

おはよう テルティウム

おや?
二番目はどうなった?
なぜ触れられていないのだろう?
考えられるとすれば
・二番目は別の個体で誕生していた
・何らかの要因で記憶が欠落している
・これといって語るべきことがない
うーむどれだろうか。

それにテルティウム君を復活させたのはデュナミスさんではなかったか?
ラカンさん、デュナミスさん、そしてテルティウム君の記憶。
それぞれにどうも食い違いが生じているように思える。
当事者の記憶が最も正しいんでしょうが、しかし食い違いが生じた原因とは?
あるいはそれぞれの主張は皆正しくてそれぞれに複雑な相関があるのだろうか。
せっかくあと一撃で終わるってところで過去編に入ったわけですし、赤松さんまだまだ引き延ばしまっせ。

フェルマーの最終定理

どうもどうもこんばんは。
本日は久方ぶりの読書感想文。
ちなみに読み終わったのは去年の11月くらい。
めんどくさがりでさ。

読んだ本はこちら

フェルマーの最終定理
分かりやすい科学啓蒙書で評判のサイモン・シンの処女作で御座います。
17世紀の数学者ピエール・ド・フェルマーがピタゴラスの定理から導きだした定理。
3以上の自然数nに対してXn+Yn=Znを満たすような自然数X、Y、Zはない。
内容自体は簡単に理解できるけれど、それを証明するのに数々の数学者達が敗北していった有名な定理を1995年にワイルズが証明するまでの数学ノンフィクション。

ピタゴラスの定理ってのは皆さん知ってますよね。
直角三角形の斜辺の二乗は他二辺の二乗の和に等しいってやつです。
x2+y2=z2
フェルマーは試しにこの2を3にしてみたところ、xyzに当てはまる自然数解が見つからないことに気がついた。
また、4、5、6、といずれにも解が存在しない。
このことからx+y=zには3以上のべき数は成り立たないという定理を導き出した。
この定理について彼が書き遺したのは、

「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない」

後の数学者達から「いや書けよ!」と総ツッコミを受けた有名な一文である。

数学、ね。
私の学校生活で最も敵対した分野、天敵でしたね。
こいつにどれほどの苦痛をもたらされたことか。
しかし、流石はサイモン・シン。
こんな私にも十分理解できるだけの分かりやすさで解説してくれています。
小学生の私がこの本を読んでいたならきっと数学が好きな理数系インテリな学生にしてくれたであろう、そう思わせるぐらいに数学の美しさというのを堪能させてくれる内容でした。
フェルマーの最終定理からいきなり始まるのではなく、ギリシャ時代の数学、ピタゴラス教団が探究していた数学から懇切丁寧に、しかし理解するのに苦労しないレベルで解説され、ピタゴラス数や友愛数、ナンタラ数など個々の数の関係の件などには脱帽させられる。
普段何気なく扱い、学生時代の嫌な思い出を蒸し返させる数字が持つ奥深さを楽しめた。
古くから始まる数学史に加えて興味深い知識を深めることができる、素晴らしい良作でした。

ただ前半の知識欲をそそる丁寧さに対して後半は駆け足のように感じられましたね。
彼はこの定理の為にこれとこれとこれについて研究し、結果見事に証明しました。チャンチャン。
つまるところ証明されたとは書いてあるけど具体的にこれらの知識をどのように活かして証明されたのかが書いていなかった。
もちろんその数学テクニックが高度過ぎて平易な文では解説することができなかったんでしょうけどね。
まぁ後半私も読むのに疲れて内容をあまり理解していなかっただけかもしれません。
そこが一番息詰まる面白そうなところだと思ったんですけどねぇ。
そこだけが少し残念。
しかし全体を通して見れば非常に理解しやすく面白くドラマチックな著作。
数学の知識が全く無くても十分読解可能なサイモンマジックでした。
興味が無かった方でも読み終わった頃にはきっと興奮さめ止まぬことでしょう。
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

ギッチャン

Author:ギッチャン
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
1854位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
252位
アクセスランキングを見る>>
twitter
FC2拍手
web拍手 by FC2
検索フォーム
Amazonウィジェット
リンク