fc2ブログ

とある魔術の禁書目録 二次創作 30

第六章 地獄と煉獄の境
 
 上条はのろのろと立ち上がると、ほとんど原形を留めていない机の残骸から離れた場所で大の字に倒れているヨハンを見付けた。右腕は複雑に折れ曲がり、服の全面は破けている上に焦げていた。屈強な胸や腹にも僅かに火傷があるのが見て取れる。ピクリとも動かない。
 一方、彼に衝突した机はギシッと音を立てて傾いた。よほど発射するのには向いていない形だったのだろう。ミサカが打ち出した場所から落下した場所まで一直線に、机から分離した哀れなパーツが点々と落ちていた。まだ熱を持っているのだろう、床が少し焦げている。ヨハンまで届いたのは一番大きい上の板の部分だけだ。

 「死んで、ないよな?」

 「気絶、している、だけでしょう、重傷なのは、間違いありませんが、とミサカは、息を、切らします」

 上条の傍までガラスの壁に手をついてミサカが歩いてきた。身体を上手く動かせないらしい。上条の方から机をよけてミサカに近付くとゆっくり座れるように手を貸した。

 「大丈夫か?やっぱり無理があったか?」

 「現在のレベルから、遥かに、凌駕する電力を、強制的に行使、しましたから、とミサカは、弁解します」

 ヨハンが言っていた『火事場の馬鹿力』と同じような理屈だろう。自身のレベルを超える力を使うことは能力者にとって負担らしい。今回ミサカがレールガンを放った原理は研究所の電線を自分に繋いで電力を供給し、操作して射出する、というものだ。ヨハン達のように生物としての生存本能に訴えかけて脳を活性化させるのとも訳が違う、かなり無理矢理な芸当だ。

 「出力はレベル4程度でしたが、それでもここまで負担がかかるとは・・・・屈辱です、とミサカは項垂れます」

 「ま、まぁまぁ・・」

 尋常じゃないガッカリ具合だ。よって話題を変えた方が良いと上条は判断した。

 「あいつ、ミサカの電撃を防いだけど、あの黒いのは何だったんだろうな?」

 「あれは闇です、とミサカは答えます」

 「闇?」

 「光子はボソンという素粒子の一種で、電磁気力を伝達する効果があります。つまり光子が存在しなければ同時に電磁気力も伝わることがないため存在できなくなるということです、とミサカはちょっとした豆知識を披露します」

 さすがはレベル5といったところか、彼は自身が扱うものの性質を熟知していたのだ。

 「彼は指先から指定した範囲に入りこむ一切の光子を取り除き、完全に電気が伝達不可能な領域を造り出して電撃を防いだのでしょう、とミサカは懇切丁寧に説明します」

 言い終わるとミサカは第八階層に入ったときに放り出していたバッグの方へ歩き出した。これでもかと詰め込まれてた爆弾のことをすっかり忘れていた。先程の戦闘で流れ弾や流れ光線が一度でも直撃していたらと思うと背筋が凍りそうになる。自分はなんて危ないことをしていたんだろう?

 「まだ身体動かすのキツいだろ?爆弾仕掛けるの手伝うぞ?」

 「爆発物に関して素人のあなたはあまり触れない方が良いのでは?とミサカは至極当たり前なことを言ってみます」

 「あぁ、まぁ、そうだよな・・・」

 至極当たり前なことだが、少しグサリときた。ミサカはバッグを担ぎながら、そんな上条の顔をチラリと横目で見ると上条の袖をつまんだ。

 「しかし身体を動かすのは確かにまだキツいので肩を貸して頂けますか?とミサカはか弱い女の子っぷりを見せつけます」

目次へ
とある魔術の禁書目録SS29へ
SS31へ
________________________________
第六章へ突入。
発光能力者ヨハン・ギレスベルガーがミサカ10840号の電撃を防いだタネ明かしで御座います。
自然界には4つの力があります。電磁気力、強い力、弱い力、そして重力。
そして、それぞれの力を伝える為に存在する伝達粒子、ボソンと呼ばれるものがあります。
ただし重力を伝えるとされるグラビトンという粒子はあくまで存在が仮定されているだけでいまだ観測はされておりません。
で、光子はその一つで、これが電磁気力を伝えます。
ヨハンは肌に触れる任意の空間から光子が完全に存在しない、よって電撃が伝達されない壁を造り出して防いだわけですね。
ちなみにもちろん私のにわか知識ですからね。
仮に光子が存在しない限定された領域を造ったところで本当にそうなるかは知りません。
所詮フィクションです。
ミサカ10840号を同行させる上でどんな能力者とぶつけようか、と考えたときにこの伝達粒子のことを思い出しましてね。
よし、光を操る能力者にしよう、とすぐに決まりました。
何事も発想ですね。
スポンサーサイト



カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

ギッチャン

Author:ギッチャン
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
475位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
93位
アクセスランキングを見る>>
twitter
FC2拍手
web拍手 by FC2
検索フォーム
Amazonウィジェット
リンク