fc2ブログ

とある魔術の禁書目録 二次創作 16

 上条とミサカは外周の通路を駆けていた。暗い通路の中で鈍い靴音が反響する。
 階段は研究所の職員達が頻繁に使っているため通れない。エレベーターもミサカの力で再び動かすことも出来るが、敵に位置を知らせかねない。ミサカのように宙づりになって移動することも出来ないこともないが、もし敵に発見されたらその場から素早く逃げることは困難だ。そのため上条達はほとんど誰も使わないこの外周通路を使っている。

 「一度第八階層に入ります、とミサカは予告します」

 上条は無言でうなずいた。
 ミサカは上条の救出とは別に任務を帯びていた。地上に向けて逃走するが、一つ階層を上る度に、その階層の急所となる個所に爆弾を仕掛ける。研究所から撤退した後、学園都市から漏洩した情報を外部組織の根城ごと消し去る為だ。地下深くに作られた研究所は文字通り日の光を浴びることなく秘密と共に土に還ることになる。第九階層以下は土御門によって爆弾が仕掛けられるそうだ。
 第八階層は白い壁ではなかった。幾つものオフィスがあったが、それらはみな曇りないガラスによって仕切られていた。はるか遠くに動かないエレベーターの太い柱と併設された階段が見える。この階層にいた人間は既にどこかへと逃げたのだろう。もぬけの殻だ。
 何のためのフロアなのかミサカが教えてくれた。

 「ここは諜報部。世界中の超能力研究機関、そして学園都市の情報を手に入れるための部門です、とミサカは解説します」

 「世界中・・・学園都市だけじゃなかったんだな」

 「このアーネンエルベ超人進化研究所はドイツの研究機関のほぼ全てを影から牛耳っています、とミサカは暴露します」

 表向きには存在しない機関、というのは随分と便利だ。

 「あなたはご存知ないかもしれませんが、以前、世界中で原石を一斉に強奪する、という事件があり、ドイツのザルツギッターにある超能力研究機関『超常紹介事典』もこれに参加しました。おそらくアーネンエルベが糸を引いていたのでしょう、とミサカは推測します」

 「そんなことがあったのか・・・。それで原石は無事だったのか?」

 「ミサカ達の活躍によって原石は救い出されました、とミサカはそこそこの胸を張ります。アーネンエルベはドイツの研究機関、そして学園都市の情報、技術を集約し、やがてはヨーロッパの全ての研究機関を手中に収めることを考えています、とミサカはさらに暴露します」

 「そしていずれは学園都市を超えて世界の能力開発の頂点か。とことん幼稚だな…」

 「正直、俺もそう思うねぇ」

 上条のセリフに答えたのはミサカではなく、突如数メートル先に現れた黒いシャツに迷彩柄のカーゴパンツを履いた茶髪の少年だった。よく見ると瞳は明るい青だ。
 透明なガラスで仕切られたこの空間でどこから現れたのだろうか?

 「初めまして、幻想殺し。出来れば檻に戻って欲しいんだけどねぇ?」

 声や喋り方からするとスピーカーの男とは違うようだ。だが、どんな人間なのかおおよその想像はつく。
 ミサカは既に大量の爆弾を詰め込んだバッグを手放し、顔に似合わない軍用ゴーグルを装備して銃を構えていた。

 「この研究所で開発された能力者ですね?、とミサカは確認します」

 「そのとーり」

 少年は誇らしげに微笑みながら答えた。

 「アーネンエルベ、レベル5序列第二位、ヨハン・ギレスベルガー。よろしくねぇ?」

目次へ
とある魔術の禁書目録SS15へ
SS17へ
________________________________
今年最後のSS更新で御座います。
いや、一方さん上条さん共々激突寸前と予想してませんでしたがとてもキリの良い終わり方できちゃいましたね。
ちょうど次回から第五章突入です。
さて、上条さん達の前に現れたのはアーネンエルベの超能力者、その序列は第二位ヨハン・ギレスベルガー。
能力は一体何なのか?まだ明かせませーん。
ちなみに一方さんと交戦するゲオルク・ダールマンは第三位という設定です。
相変わらず敵の行動原理が浅いこと浅いこと。
まぁ私にはこの程度しか考え付きませんでした。
ご了承くださいな。
アーネンエルベが裏で糸を引いて超常紹介事典をスケープゴートに原石を強奪しようとした、というのはもちろん私が勝手に作りました。
原作に対して影響は無いでしょうと思いましてね。
嫌だったならごめんなさいねー。
次回から本格的に闘いへと移行しますが、どれだけのレベルで書けたものやら。
果たして皆さんが理解できるほどの描写が出来ているか全く自信が御座いません。
頑張って想像力働かせて下さい。
ボクもう限界。
スポンサーサイト



カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

ギッチャン

Author:ギッチャン
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
584位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>
twitter
FC2拍手
web拍手 by FC2
検索フォーム
Amazonウィジェット
リンク