fc2ブログ

とある魔術の禁書目録 二次創作 11

行間

 状況報告をお願いします、とミサカ10032号は学園都市から要請します。

 『現在エーヴェルスヴァルデ素粒子物理学研究所より70m周囲に「ライフル」が展開、同じくミサカも待機しています、とミサカ10840号はドイツから報告します』

 ではこれからの作戦スケジュールを再度確認して下さい、とミサカ10032号はさらに要請します。

 『土御門元春とあの少年の接触推定時刻、只今より5分後に地上部エーベルスヴァルデ素粒子物理学研究所への攻撃を開始、これを制圧、その後地下部アーネンエルベ超人進化研究所への攻撃を開始、ミサカはあの少年と合流、逃走と同時進行で地下研究所内の所定の位置に爆弾を仕掛け、研究所を完全に制圧した後、速やかに撤退します、とミサカ10840号は作戦を確認します』

 『そんなことより、とミサカ19900号は藪から棒に話しかけます』

 え゛、とミサカ10032号は突然の介入に驚きます。

 『あの少年の救出作戦にミサカ10840号だけが参加出来るのはやはり不公平です、とミサカ19900号は不満を露わにします』

 いや、あの、とミサカ10032号は慌てます。

 『そうです、このミサカも作戦に参加したいです、とミサカ10501号も普段なら言わないわがままを言い放ちます』

 『ドイツで調整を受けていたミサカ10840号が羨ましいです、とミサカ10050号も賛同します。何故とは言いませんが』

 『情報の錯綜を防ぐため、作戦に参加しないミサカはネットワークへの介入は自重して下さい、とミサカ10840号はとりあえず事前に報告した内容を繰り返します』

 そうです、戦場における情報交換の混乱は致命的です、とミサカ10032号は厳重注意します。

 『こんなことならドイツで調整を受けるよう要求すれば良かったですね、とミサカ18022号は今更ながら後悔します』

 『だからミサカはドイツに行きたいですとあれほど申し上げたのです、とミサカ10090号は文句を垂れます』

 そんなことを聞いた覚えは一度もありません、とミサカ10032号は即否定します。

 『ドイツとは国境一つしか跨いでいないのに参加出来ないとは何事ですか、とミサカ10501号は憤慨します』

 『それを言うならスイスにいるこのミサカもです、とミサカ18022号も憤慨します』

 『それならばポーランドのこのミサカも、とミサカ10855号も便乗します』

 『そしてフランスにいるこのミサカも、とミサカ13072号も、』

 『とりあえず時間が迫ってきましたので、とミサカ10840号はカウントを始めます。作戦開始時刻まで残り10、』

 『今からドイツに乗り込んでも良いですか?とミサカ10501号は提案します』

 『・・9・・・』

 あの、何を言っているのですか?とミサカ10032号は突然の提案に驚愕します。

 『いえ、ほら、戦力は多いに越したことはありませんし、とミサカ10855号は適当な理由を述べます』

 『・・・7・・・』

 勝手な行動は慎んで下さい、と10032号は上位個体ではありませんが命令させて頂きます。

 『・・・5・・・』

 『じゃーんなんか面白そうだから私も参加したーいってミサカはミサカはいきなりを承知で介入してみたりー!』

 『・・・3・・・』

 ミサカ20001号、あなたが一番しっかりして下さい、とミサカ10032号は、

 『・・・2・・・』

 『えーだってみんなが盛り上がってるのに仲間外れなんて寂しいじゃん。あの人もどこかに行っちゃったしってミサカはミサカはしょんぼりしてみる』

 『・・・1・・・』

 ですから今は盛り上がってる場合ではありませんから、とミサカ10032号は呆れ、

 『・・・0、「グレーテル作戦」発動、とミサカ10840号、及び対外部戦略実行部隊「ライフル」は攻撃を開始します』

目次へ
とある魔術の禁書目録SS10へ
SS12へ
________________________________
どうもどうもこんばんは。
燃えるような燃えないような微妙な火加減の本日分SSはここまで。
というわけで私のSSでヒロインをやって頂くのはドイツにて調整を受けているミサカ10480号で御座います。
他のミサカさん達は各自お留守番。
しかしラストオーダーのセリフであの人の登場フラグ立ちました。
キャラ壊さずにいけますかねぇ。
さて、今回はオリジナルの名詞がまたまた出てきましたね。
「ライフル」
私が勝手に創設しました。
学園都市の情報が外部組織に流出した際、それらの情報の抹消、および外部組織、関係者の抹殺が主要任務の暗部組織。
学園都市の外(遠方)の敵を倒す、ということで「ライフル」なわけです。
まぁ原作で似たような組織が登場したら書き直しますけどね。
そんでもって作戦コード「グレーテル」
舞台がドイツの深い森の奥。
お菓子の家に自ら招き入れた客人が原因で自分の身を滅ぼすことになる、という意味でグリム童話「ヘンゼルとグレーテル」からとりました。
ではでは次の更新をお楽しみに。
スポンサーサイト



カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

ギッチャン

Author:ギッチャン
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
584位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>
twitter
FC2拍手
web拍手 by FC2
検索フォーム
Amazonウィジェット
リンク