fc2ブログ

12番目のカード 感想

どうもどうもこんばんは。
本日は途中まで読んでたけどエメラルドとかレイトン教授とかで1カ月ぐらい放置してしまっていたけど最近読みたくなって昨日読み終えた本
ジェフリー・ディーヴァー著

12番目のカード


えぇもうこれでやっと現行ライム・シリ~ズ制覇ですよ。
いやぁ今まで長かった長かった。

ハーレムの高校に通う十六歳の少女ジェニーヴァが博物館で調べものをしている最中、一人の男に襲われそうになるが、機転をきかせて難を逃れる。現場にはレイプのための道具のほかに、タロットカードが残されていた。単純な強姦未遂事件と思い捜査を始めたライムとサックスたちだったが、その後も執拗にジェニーヴァを付け狙う犯人をまえに、何か別の動機があることに気づく。それは米国憲法成立の根底を揺るがす百四十年前の陰謀に結びつくものだった。そこにジェニーヴァの先祖である解放奴隷チャールズ・シングルトンが関与していたのだ…。“百四十年もの”の証拠物件を最先端の科学捜査技術を駆使して解明することができるのか?

もうね、なんかね、1ヵ月ブランクのせいで前半ぐらいのスト~リ~全然覚えてない。
これは勿体ないことをしたなぁ。

しかしもちろん面白くなかったなんてことは御座いません。
ディーヴァー作品は後半が戦場です。
どんでん返しです。
捻って捻って捻るんです。

ちなみにこの作品では前作「魔術師」に登場したマジシャンのカーラがチョイ役で出演します。
さらにディーヴァーの非ライム作品「悪魔の涙」での主役、筆跡鑑定人パーカー・キンケイドが電話ごしながら登場。
私はまだ「悪魔の涙」読んでませんけどね。

今回の敵も知識と技術に恵まれた殺し屋。
アメリアと対峙しているとき、状況、対象を瞬時に分析し、追い詰め、逃げ延びようとする狡知な頭脳には驚嘆しますね。

では、ちょっと批評タイム。
まずタイトルにも冠されている「12番目のカード」吊るされた男。
コレもう少し含みが欲しかったなぁ。
扱われ方がとっても可哀そう、そんなカ~ドでした。

そしてライム&トム。
二人の掛け合いがこのシリ~ズの名物みたいなもんですがこの作品ではあんまり印象に残るような掛け合いが無くてちょっと物足りなかったなぁ。

私の評価はこんなとこですかね。
あぁ早く新作が邦訳されないかな?

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

ギッチャン

Author:ギッチャン
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
1854位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
252位
アクセスランキングを見る>>
twitter
FC2拍手
web拍手 by FC2
検索フォーム
Amazonウィジェット
リンク