fc2ブログ

ニコラ・フラメル 感想

どうもどうもこんにちは
最近お腹たるんできたよ
ぎっちゃんです。

でも今だ40kg台キ~プしてるし一応救いようはあるかな?

web拍手にてコメント

マニュアル?

まさしく。
マニュアルを受講しております。
私は基本車には全く興味が無くて今現在もオ~トマとマニュアルの違いがよく分からんのですがやはりオ~トマの方が簡単なんですかねぇ?


親父がマニュアルにしとけって言うから仕方なしにそうしたんですが。


オ~トマだったら3時間ぐらい短縮できるんですけどなぁ。


どうせ今時オ~トマが主流って言うし。


高級車は大抵マニュアルらしいけど別に興味ないし。


ほとんど車乗らないだろうし。



メンドくさいし。

すいません。泣き言が。

さてさて本日は最近読んだ小説をご紹介。
最近読んだ本とはコチラ
錬金術師ニコラ・フラメル[アルケミスト]錬金術師ニコラ・フラメル[アルケミスト]
(2007/11/22)
マイケル・スコット

商品詳細を見る

錬金術師ニコラ・フラメルという本で御座います。

見ての通りファンタジ~小説ですね。
やはりこの歳になるとファンタジ~はガキっぽいと感じることもあるのですが、なんでかな?
興味が尽きないんですよねぇ。


やっぱりセガのせいなのかな?
剣と魔法のファンタジ~に飢えてるんですかねぇ?

まぁそれは置いといて、実際のところ言うほどガキっぽくないんですこれが。

なんでも登場人物の大半が実在の人物だったりするんですね。
ニコラ・フラメルしかりその妻ペレネル。魔術師ジョン・ディーと。

多少魔術についてかじってる方が目にすれば思わず微笑んでしまうような有名な実在の魔術師が登場してくるんですわ。
フラメル夫妻は錬金術師ですけどね。

さらに著者は神話や民俗学に詳しく、日本人にしてみればマニアックな神話の神様などがゾロゾロ出てくる。

うむ、ここまでくるとこのファンタジ~はホンモノなんぢゃね?と思えてくるんぢゃないでしょうか?

物語の所々で語られる過去の出来事もまた興味深い。
ロンドン大火やアイルランドの大飢饉はジョン・ディーの手によるものだったりノアの箱舟で語られる大洪水もアトランティスの沈没も全て実際の出来事とされていたり。

実在の登場人物の過去も歴史上の事実に基づいてるそうですし、これは単純なファンタジ~小説と言うよりもオカルトの薀蓄を詰め込んだ簡単なダ・ヴィンチ・コードの類のようにも楽しめると思います。

しかしやはり子供向けファンタジ~ですからね。
高校生にとっては些細なことがなんとなく気になってしまう。
簡単な言葉がひらがなだったりね。

中でも一番気がかりなのがね、作中で出てくるあるネ~ミング。
種族の名前なんですが、こいつがまたアレなんですよ。

エルダー族とそれに対立するダークエルダー


なんというかね。



この二つの名詞だけを見ると間違いなく三流ファンタジ~と感じてしまう。

どっかのRPGに出てきそうな名前ですよね。

しかしそこらへん気にしなければ十分面白いお話。
皆さん是非ご一読を。

ちなみに全6巻とハリー・ポッターの如し大長編となっております。
ファンタジ~を楽しめて尚且つ辛抱強く待てる方にお勧めします。


作中にある「アブラハムの書」、これ実在するそうです。
スポンサーサイト



カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

ギッチャン

Author:ギッチャン
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
475位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
93位
アクセスランキングを見る>>
twitter
FC2拍手
web拍手 by FC2
検索フォーム
Amazonウィジェット
リンク