fc2ブログ

ネギま!考察 ムンドゥス・マギクス PART?

PART 1こちら

早速行ってみよう
ネギま!考察

ムンドゥス・マギクス PART2

まずはなぜ出入国は大変で深入りすると危険なのか?
なんだか北なんとかみたいですけど。
まぁ何百年も存在を覆い隠してきたであろう世界でしょうからそれなりに出入国とかは厳しくなったりもするのでしょう。
それ以外で出入国に関する決まりと言えばアレですね。人間世界での決まりですが

CIQ(Custom・Immigration・Quarantine)

つまり防犯・経済保護・防疫のコトですね。

テロリストや指名手配中の犯罪者が国境を越えて移動するのを防ぐ。コレが防犯
出入国管理が検問の役目を果たしているワケですね。
人の国家間移動に際して一定量の物品の携行が認められますが、それには税関検査、検疫などの手続きが御座います。主な検査対象は、武器類、麻薬、ワシントン条約で保護されている動物とか。

ワシントン条約はさすがにね・・・

そんで検疫
生態系の違う地域間で人や物資の移動が可能になために、生態系を乱す可能性のある生物(特に病原体)の移動を阻止するのは出入国管理において重要な決まりであります。
特定の感染症が流行している地域との間では渡航制限が敷かれたり、感染の疑いがある場合が上陸不許可となることがあるそうです。

魔法世界にどんな生き物がいるのかわかりませんからね・・・

最後に経済保護
国家間で経済格差が大きい場合、大量の移民希望者が生じることあります。しかしその数が多い場合、渡航先の国に失業だとか住宅不足などの問題が起こる可能性があるため、移民を一定数に制限する国は多いそうです。

さすがにコレは関係ないか?


とにかく最も大事なのは人間世界に魔法の存在を知られてはならないってトコでしょう。

深入りはダメってのは気になりますねぇ。
そもそもカモ君が言う何かとは何なのだろうか?
それがわからぬ限りどうしようも。
アメリカのドラマとかなら何かおよそ関係の無さそうな気がするけど実はお国の重大機密に関するものであったりね。
Xファイルとか見るとイイよ。

しかしこいつぁゆえっちの出番かもだな?

次、孤立主義の台頭について。
なんとも奇妙極まりない話ですね。
皆様、マギステル・マギについては既にちゃんとご存知でありましょう。

世の為、人の為に力を使い、魔法使い達から最も尊敬される仕事である、と。

そう、「こちら側」、つまり人間世界と関係を絶ってしまうとマギステル・マギの活動の場を著しく減じてしまうことになるはずである。
ムンドゥス・マギクスもこちらと似たようなの問題もあるのかもしれないが、関係を絶ってしまうということは魔法使い達にとって世界が半分小さくなるのと同義だろう。(魔法世界と人間世界が同じぐらいの広さだったらだけど)

何より世の為、人の為に力を使うことを誇りとするならば世界中の苦しんでいる人々の救済を放棄するようなことをして良いのか?
コレは大きな矛盾となりますね。

最も関係がありそうなのがかの「大戦」でしょう。
戦争が終結した後は社会体制などが新しく作り直され、価値観まで変化するものです。
それは例えば統治機関だとか法律の再編、教育制度の改定、道徳思想の変更などなど。
それと孤立主義がどう関わっているのかは検討もつきませんが。
「大戦」がどういったものなのか?
それがわからなければ前へは進めませんねぇ。

次ですが、こちらをご覧ください。

これは15時間目で出てきました、「田舎の公園にある石像」のコマで御座います。
ネギ君のお話によると昔、偉大な魔法使いとそれに仕える勇敢な戦士が世界を救ったというものである。

つまりですね、事実かどうかはわかりませんが

伝説上、暗黒時代が存在した

ということになるのです。この暗黒時代が魔法世界のものなのか人間世界のものなのかはたまた両方の世界ともなのかはわかりませんが。
何よりそれが物語に関わってくるものなのかどうかもわからないのですが。

魔法世界とは話が変わりますがこのコマで気になる部分はもう一つ。
この戦士さんが持っている盾に目を凝らしてみよう。

よォく見てみると見覚えのあるモノが浮かんではこないだろうか?

そう、麻帆良学園の校章である。
これね↓

戦士の盾はほんのチョットしか見えないがどうだろう?同じものとは思えないだろうか?

ヨ~ロッパの紋章についてですが、ヨ~ロッパでは戦場において個人を識別するため、盾に紋様を描かれておりました。
これが12世紀半ば頃に固定された紋章となるわけです。

紋章は当主が代々受け継ぐことで家紋の役割を果たし、都市、騎士団などの団体も同様の形式のものを紋章として採用するようになりました。ちなみに、当主以外の個人の紋章は家紋をベ~スに、個人のバリエ~ションを加えたものになることが多いですね。

盾や兜(使ってないけど)などを使った紋章は中世の騎士をイメ~ジしたもので御座います。
そのため、戦場に出ない女性や聖職者の場合は、盾型ではなく菱形を使い、ヘルメット等も違った形式の帽子になるのが一般的でしたが、近代では騎士のイメ~ジは形式のみになっておりまして、男女同権の意識も高まったために特に区別しないこともあるそうですね。

ヨ~ロッパにおける校章ってのは、歴史ある学校であれば、その大学、学校の設置に当たって庇護者となった王侯、大公などの紋章の一部、学校の性格、教育目標などを示すシンボルや言葉がラテン語で添えられていたり複雑なデザインに様々な意味を持たせることが多いらしいですね。

ついでに百合のシンボルは新約聖書では繁栄、キリスト教においては特にマドンナリリ~(白百合)は純潔、永遠の愛の象徴でありよく聖母マリアの象徴として描かれます。フランス旧王家の紋章にも使われていましたね。
翼とか羽根は上昇、飛躍のシンボルであります。

ココから考えてみると、仮説としては3つ

 1 石像の製作者と学園の創設者は関係があるか、もしくは同一人物or同一の団体である

 2 魔法関連の土地・組織の指標である

 3 伝説と麻帆良学園との間にはなんらかの関係がある

となります。
一つに絞るのは難しいですねぇ。

では次に補足みたいなモンですが、

公用語は英語か。

では本日のまとめ

・人間世界に対し絶対的な秘密であるために出入国が厳しい
・魔法世界の機密に関わるモノに深入りすると危険
・ゆえっち大活躍の脈アリ
・孤立主義は「大戦」に関係がある
・石像の製作者と学園の創設者は同一人物である
 or魔法関連の土地・組織の指標である
 or伝説と麻帆良学園との間にはなんらかの関係がある
・公用語は英語

納得のいく記事だったでしょうか?
まぁ不完全な仮説ばかりのような気もしますがね、我ながらに。

明日はネギま!考察おさらい

乞う、御期待!


web拍手を送る
スポンサーサイト



夜にコ~ヒ~飲んぢゃってなかなか眠れなかったよ。皆気を付けようね

どうもどうもこんにちは
昨日頑張って考察記事書いたつもりなんですけど
WEB拍手とか一つも貰えなくてチョットサビシイ
ぎっちゃんです。

しかし涙をこらえて一日を送りましょう。

さぁて昨日のネギま!考察

ムンドゥス・マギクス

はいかがなものだったでしょうか?

大方は特に考えなくても出てくるような仮説ばっかり(さすがにケルト神話のくだりはわかる人にしかわからなかったかな?)だった気がしますがね。

しかし今回も私は単行本に眼を光らせて見つけた

特に関係ないかもしれない新事実(?)

を発見、考察していきますのでね、どうか胸に期待を抱かせて本日二度目の更新をお待ちください。

見た人はビックリ
誰も考え付かなかったような新説を打ち出したい!

が私のモット~で御座います。

では本日のネギま!考察テ~マは

ムンドゥス・マギクス PART?

乞う、御期待!


web拍手を送る
カレンダー
05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

ギッチャン

Author:ギッチャン
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
1148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
186位
アクセスランキングを見る>>
twitter
FC2拍手
web拍手 by FC2
検索フォーム
Amazonウィジェット
リンク