fc2ブログ

ネギま!考察 いどの絵日記と命の紙片 PART 2

どうもどうもこんにちは。
では早速行ってみましょうネギま!考察!
ちなみにPART 1はこちら

117時間目のこちらのコマを御覧下さい。

パソコンの画像では見えませんからコミックを持っていらっしゃる方はコミックを手に取り
よォ~く
見てください。
クウネルさんが手に持っている半生の書を
よォ~く
見てください。


すると本の題名にこんな文字が書かれているのです


DIARIUM EJUS






な、なんだってエエェェェ!?


なんとこの本には「ディアーリウム・エーユス」と書かれているのだ。




いや、誤植じゃね?

なるほど、その可能性は99.8%です。
ていうかそうとしか思えない。



だけどそれぢゃあツマらない。


明らかに誤植の気がする。だけどそこで終わらせるのはもったいない。
というわけで続行させて頂きましょう!

こんな小さなコマ、こんな隅っこのコマで誤字?


さ、作為を感じる・・・!(無理矢理)

題名が書いてあるコマを順を追って見てみよう。

このコマでは
BIBLIOLOGIA(書籍学)
画像ぢゃ見えないけどね


次のコマでは
NAGI SPRINGFIELD(ナギ・スプリングフィールド)


そしてその直後のコマでDIARIUM EJUS(ディアーリウム・エーユス)

よし、では考えてみよう。
ハイ・ビュブロイ・ハイ・ビオグラフィカイが何故突如としてディア~リウム・エ~ユスと書かれたのか?
それはつまり

この二つのア~ティファクトは元々一冊の本だった

ということだ。

つまりだな、
シャントトさんは一つの魔法書を作成したわけだ。
その本が持つ力というのが、
・記された人物への変身
・および全人格の完全再生
・対象人物の読心
この本は後にア~ティファクトになるが「変身」と「読心」という大きく分けて二つの能力を持っていたためか一つの本を二種類のア~ティファクトに分けたのではないか?

そんなことあんのか?と思う人もいるだろう。
しかしありえない、とも限らない。

二つのア~ティファクトが一人の従者に使用されている

のも事実であるからだ。
それがこれ。
フラ~ベルム・エウリ~
フラ~ベルム・アウストラ~レ

わはぁ~いこのちゃぁ~ん
(余談ですがときどきせっちゃんよりも好きなキャラ)

二つのアーティファクトを一人の従者が使用する

があるのだから逆(?)に

一つの道具が二つのアーティファクトになる

というのも有り得るかもしれん、ということである。

え~と、まずは題名が「BIBLIOLOGIA」のとき。
この時点ではおそらくただの「半生の書」。(ただし魔力は持っている)
こいつに栞を通すことで本に記されている人物に変身することができるのでしょうか。
       ↓
しかしそれを通り越して題は「NAGI」
これは「題名を個人の名前にする」=「対象人物の名前を唱える」にあたる。
       ↓
そして「DIARIUM EJUS」。
これは「その人の心(内面)を(日記に)再生(再現?)」=「その人の全人格の完全再生」にあたる。

ようするに「半生の書」状態は「外見的特徴と身体能力の再生」を担い、
「固有名詞」状態は「人格再生のきっかけ」
「いどの絵日記」状態は「全人格の完全再生」という三段階の能力分担になっているのです。

言葉にするのがもの凄い難しいんですがチャンと伝わっているでしょうか?

ついでに「DIARIUM EJUS」という名前だが、
「DIARIUM」は「日記」や「記録」
「EJUS」は「その人の」という意味。
直訳すれば「その人の記録」って感じだろう。
そして「半生の書」。
こいつは「他者の半生を詩篇形式で記した人生録」というものである。
名前としてはどこか通じるものがありますねぇ。

「変身」と「読心」、一つのアーティファクトとしてどちらかを優先させることで「人格の再生」か「意識の再生」が選ばれるのですね。

では本日のまとめ

「ハイ・ビュブロイ・ハイ・ビオグラフィカイ」と「ディアーリウム・エーユス」は元々一冊の本だったが、二つの能力をそれぞれに分けて二つのアーティファクトになった

うむ、よく考えたもんだな、私は。



どうせ誤植だろうがね。

明日は考察のおさらいであります。

乞う、御期待!


web拍手を送る
スポンサーサイト



最近寒いわぁ・・・

どうもどうもこんにちは。
好きなジブリ映画はもののけ姫
ぎっちゃんです。

昨日の考察はいかがだったでしょうか?
この二つのア~ティファクトはなかなか興味深い繋がりがありますからねぇ?

本日指摘する点は私がまわったネギま!考察サイトでも一度もお目にかからなかったトコロです。
おそらく私が日本で最初に指摘するブロガ~になるかもしれませんよ
ものすごい細かい点なんですけどね。
ついでに本日の考察ポイントですが、前もって言っておきます。



批判は受け付けねぇぜ?


まぁ覚悟しとけってことです。

本日考察する部分を除けば今現在ディア~リウム・エ~ユスとハイ・ビュブロイ・ハイ・ビオグラフィカイの関係についての仮説は

本型マスタ~ピ~スはデザインが統一されている

あるいは

製作者が同一人物である

てところでしょうか。

しかし今回は更に飛躍した仮説が飛び出してきます。
ではでは

いどの絵日記と命の紙片
 PART ?


乞う、御期待!


web拍手を送る
カレンダー
04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

ギッチャン

Author:ギッチャン
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
1148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
186位
アクセスランキングを見る>>
twitter
FC2拍手
web拍手 by FC2
検索フォーム
Amazonウィジェット
リンク